打敷(冬用)

打敷は、お仏壇の中で、前卓や上卓といわれる、卓に掛けて使います。
内敷き、とも表記される場合もあります。
安価な人絹、ミシン刺繍から、高価なものは、手刺繍、正絹、本金糸を使ったものがございます。
別注にて、家紋を入れたりすることもできます。
サイズや形など御不明な点がございましたら何なりと御連絡ください。

角打敷(冬)


前机、前卓にはさんで使います。 
卓の幅に応じてサイズ異なります。
卓の幅を採寸してください。
柄のよい金綴れ織物
8寸~ 尺2以上はお問合せ下さい。

前卓サイズ サイズ 幅×垂れ×挟む部分(mm) (円)
8寸 242×152×58 1,000
9寸 272×180×70 1,600
1尺 318×212×67 1,800
尺2 364×258×76 2,600

おすすめ商品
正絹金 夏用打敷き 夏用打敷き 宗紋入り

このページの先頭へ