仏壇・仏具・線香・蝋燭・お経本・お墓参り用品のインターネット通販なら奥村仏具店

仏壇・仏具 奥村仏具店

トップページ

通信販売

会員登録

送料・配送について

カートの中を見る

会社概要

店長のブログ

お問い合せ

 

ネット会員募集中
会員
新規加入で100ポイント
      GET!

 

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード



ファックスで注文用紙
ダウンロードできます

 

商品検索
キーワード
商品カテゴリ

夏期休業日のお知らせ 8月11日より8月20日までお休みさせて頂きます。ただいまご注文頂きますと8月21日より順次発送とさせて頂きます。

商品詳細
  

日本香堂 特選 薄墨の桜 進物用お線香 メッセージと一緒に送れます





日本香堂製 特選薄墨の桜 御仏前 御供え 御霊前 お線香を送る

「淡墨の桜」をモチーフにしたお線香

悠久の時を生きた『淡墨の桜』。

その奥深く上品な姿、美しさを想い、創り上げられたお線香です。

【商品概要】

特撰 淡墨の桜 短寸 10把 黒塗箱

[煙の量] 極少

[長さ] 約13.5cm

[燃焼時間] 約25分

[原材料] 白檀・生薬配合・天然植物精油配合

〔パッケージサイズ〕横15.6cm×縦35.9cm×厚み4.3cm

進物用線香として水引をかけて包装することが出来ます。お盆の帰省や初盆のお供えにどうぞ、お使い下さい。


持ち運び用手提げ袋サービス

複数の箇所へ、別送ご希望の方
システムの都合上、一つのご注文につき一箇所の別送住所しか入力できません。
複数の箇所へ別送ご希望の場合は、追記欄に入力願います。
なお、その場合は、個々に送料が発生いたしますことご了承ください。

お供えの贈答用お線香には
奉書(白い和紙)をして水引を掛け、短冊にて「御供」など表書きと名入れをして包装しています。
商品によっては、水引印刷された掛け紙の場合もあります。
また、お線香に、先様のご家族へ「お悔やみの言葉などのお手紙」を同封する事もできます。
御希望の方は、下記ご参考の上、通信欄にて入力してください。




ご注文方法
手順@
通常のお買いもの同様、ご購入商品が決まりましたら、「進物用として熨斗水引を必要」を選択して、「ご希望数量」を入力後、「カート」に入れてください。

手順A
画面を確認し、注文画面に進みます。

 
手順B
そのまま注文を進めていただきますと、ご注文者情報の入力、注文者以外の住所へ届ける場合は、発送先の情報の入力を行います。
支払方法をご選択します。
手順C
画面一番下の通信欄より、表書き及び、先様へお伝えしたい文面などを入力してください。
確認画面へ進んでください。
短冊への表記は、「御供」「御仏前」「御霊前」などが選べます。
先様へお伝えしたい文、等は、弊社にて、奉書和紙に印刷し、封筒へ入れお線香と同梱いたします。
手順D
ご注文商品およびご注文者情報、お届け先情報、お支払方法、その他通信欄などをご確認の上、「この内容で注文する」をクリックして頂き、注文をします。

 

商品名 日本香堂 特選 薄墨の桜 進物用お線香 メッセージと一緒に送れます
税込定価
販売価格 5,378円
税別価格 4,980円
メーカー
送料区分 送料別
配送タイプ 普通小包便
在庫数

進物とするか否か:
表書きを選ぶ:
記名の仕方:
メッセージ文同封します:
数量:

ご希望の方にはメッセージもお付けしております。

プルダウンで選べるようになっています。

通年文面 A(一年を通してご利用になれます)
この度は、○○様のご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
遠方より合掌させていただきます。
心ばかりではございますが、お線香をお送りしますので、お供えいただければ幸いに存じます。
 

通年文面 B(一年を通してご利用になれます)
〇〇様のご逝去を悼み謹んでお悔やみ申し上げます。
本来ならお伺いし、ご焼香をさせていただくべきところですが、
哀悼の意を込めて、お香をお送りさせていただきます。
ご霊前にお供えいただけたらと存じます。

通年文面C(一年を通して法要などに送られる場合)
月日が経つのは早いもので、○○様のご法要を迎えられるにあたり、
改めてご冥福をお祈り申し上げます。
心ばかりではございますが、お線香をお送りします。御仏前に御供えいただければ幸いに存じます。
 
喪中見舞 D(喪中ハガキを頂いて訃報を知った時にご利用になれます)
本日、年賀欠礼のお知らせをいただき、大変驚いております。
〇〇様ご逝去のこと、少しも存じませず、お悔やみも申しあげず失礼いたしました。
遅ればせながら、謹んでご冥福をお祈り申し上げますとともに、
心ばかりのお線香を送らせていただきます。
どうぞ、ご仏前にお供えいただければ幸いと存じます。
ご家族様にはさぞお力落としのことと拝察申しあげますが、
どうぞおだやかな新春を迎えられますよう、心からお祈り申しあげます。

喪中見舞 E(喪中ハガキを頂いて訃報を知った時にご利用になれます)
この度はご丁重なご挨拶を頂きまして恐れ入ります。
ご服喪中に付き、年頭のご祝詞を控えさせていただきます。
〇〇様がお亡くなりになり、ご家族の皆様のご落胆はいかばかりかと
お察し申し上げます。
くれぐれも御身を大切にお心強くあられることを祈っております。
心ばかりの線香ですが、どうぞご仏前に御供え下さい。
書中にてお悔やみ申し上げます。

その他 F
通信欄に記載して頂ければ、その文面をコピーして印刷して封書に入れ同封します。