仏壇の修復・修理・リムフォームについて

お仏壇は代々受け継がれていくべきもの・・・
ということは当然ながら修理が発生するものです。
修理といっても方法は様々です。弊社では、お客様のご事情ご予算に応じて仕上げさせていただきます。


仏壇修理前

仏壇修理前仏壇修理



長年の経過により、扉裏側の金箔の部分がすれていたり、蝋燭やお灯明のススで、金箔が黒く汚れている
表金具も黒っぽく、内金具も黒く金具の劣化が著しい。台の前の板がなくなっていたり、欠損部分も多い状態。

仏壇修理後

仏壇修理後表仏壇修理



金具取外し、洗い、欠損部分補充、塗装、金箔貼、新品同様の工程を経て修復します。
表金物は宣徳色に付け直し、内金具も金メッキを施し、新品同様に蘇ります。

奥村仏具店 創業当時から変わらぬ修復方法

  • 1.お仏壇を解体します
  • 仏壇の、外扉、障子、天井を外し、それぞれの部品をつないであるくさびやくぎ等を慎重に外し、各部品をバラバラに解体する。お仏壇の内外に打ってあるすべての金具を外します。

  • 2.汚れを洗います
  • お仏壇を傷めないよう特殊な洗剤を使用し、しっかり汚れを落とします。洗剤を残さないようしっかり洗い流し、水分を乾かします。洗剤が残っていたりすると、塗装の乾き具合に影響し仕上がりに大きな差が出ます。
    飾り金具は、兆番の心棒も取り替えたり、欠落している部分は補ってから、金メッキや色付けをおこないます。

  • 3.木地の修理、キズの修理
  • 解体されたお仏壇の不良部分を修復します。傷などは埋め木したり補修します。大きな傷があったり、反りのひどい部分は作り直します。
    彫刻など欠落部分があった場合は、既成の彫刻と組み合わせたり、なければ一から作り直します。

  • 4.下地、塗装真心込めてお手伝い
  • 新調した部分は下地を塗り、元の部分は下地を調整しながら、場を整え、漆を塗り重ねます。中塗り、上塗りの工程を経て、上等なものは蝋色仕上げを行い、さらに艶のある仕上げを行います。

  • 5.金箔押し・蒔絵
  • 塗装後、半年ほど置いてしっかり乾かしてから、表面に本金箔を押していきます。
    本金手描き蒔絵を施します。

  • 6.金具打ち・組立て
  • すべてに金箔を押し終わったら、飾り金具を打ちつけて、元の姿に組み立てます。

    修復代金は、修理方法にもよりますが、上記の方法にて行った場合は、新品商品の5割位の費用となります。
    修復納期は約7ヶ月~1年を頂いております。
    100年以上経過したお仏壇でも何度も、修復が可能です。(まずはご相談下さい)

小さな仏具の修理や仏壇の小修繕

丁寧に使っていても、いつまでも新品のようなわけには行きません。
色々な修理があります。

小修繕 例

修理前

修理後

引越し屋さんからSOS
施主さんの仏壇のコードを絡めようと、ガムテープで仏壇の側面に貼り付けてしまい、金箔をはがしてしまった。
黒くはげてしまった部分に金箔を押し直し修理

このページの先頭へ